· 

Afval ゴミ

天然資源の少ない小国オランダですので、ゴミも資源として早くから注目されてきました。日本に比べてそのわりには分別がユルいようで、近所のおばさんがゴミ袋の中身をチェックして「間違ってる!」と突き返されるなんてことはありませんので、ご心配なく。

 

出来るだけ分別に協力してねというスタンスなのも、ある程度住民が分別したものを、例えばアムステルダムにあるゴミ処理場 AEB などでも効率よく処理し、電気や熱エネルギーに変えているからなのです。環境や未来を見据えて、よりクリーンなゴミの処理も現代の大きな課題の一つですよね。

 

市町村や区域によって、ゴミの分別、捨て方も変わってきます。

amsterdam.nl や amstelveen.nl という風に、都市名に .nl (ドット エヌ エル)を付けたものが、お住いの市町村のウェブサイトになります。ほとんどの大都市の公式サイトでは、オランダ語よりも簡略されてるとはいえ、英語対応されていますので、オランダ語で Afval 、英語で Waste で検索していただければ、詳細を調べることができます。

 

大まかに分けて、日常的に出る生活ゴミは、ガラス、紙、プラスチック、電池は分別して、その他は Restafval (その他のゴミ)として捨ててください。家電や化学薬品、粗大ゴミなどは、住んでいる地区によって、指定日に出したり、電話をして取りにきてもらったりしますが、いずれにせよ住民が利用できるゴミセンターに持ち込むことができます。使用期限が切れている、もしくは使わなかったお薬はゴミ箱に捨てずに、薬局に持って行って処分してもらうようにしてくださいね。

 


アムステルフェーン市では、2018年よりゴミのリサイクル方針が変わり、専用のカードを持っている住民だけが Restafval コンテナを利用できるシステムが導入されました。2枚に分割できるようになっているゴミ捨てカード(Afvalpas アフファルパス、英語で Waste card)が、各家庭に送られているはずです。1軒に1枚で、近くのゴミコンテナ2つが解錠できるようになっています。

どのコンテナが割り当てられているかはカード送付時の手紙に書いてありますが、こちらの Mijn.afvalwijzer.nl ゴミ案内サイトから調べることもできます。ご自宅の郵便番号と番地を入力してください。

 

アムステルフェーンの新しいゴミ処理について詳しく知りたい方は、こちらのサイトからご覧ください。 

Amstelveen changes from waste to raw-material collection

 


Afvalstoffenheffing ゴミ処理税

住民登録に基づいて、1年に1回、市役所から納税通知書が届きます。事業をしているなど、人によっては他の課税項目も書かれているかもしれませんが、個人の場合、たいてい Afvalstoffenheffing(ゴミ処理税)のみ書かれていると思います。これは、個人、世帯にかかる税金なので、大家ではなくテナントが支払います。滞納すると、どんどん罰金が増えていきますので、お気を付けください!


【役に立つかもしれないオランダ語】ゴミ編

  • Afval(アフファル):ゴミ
  • Restafval(レストアフファル):その他のゴミ
  • Huisvuil(ハウスファウル):生活ゴミ
  • Grofvuil(グロフファウル):粗大ゴミ
  • Papier en karton:紙と段ボール
  • Glas(グラス):ガラス
  • Plastic(プラスティック):プラスチック
  • Batterij(バッテライ):電池
  • Tuinafval(タウンアフファル):庭のゴミ
  • Afvalzak(アフファルザク):ゴミ袋
  • Vuilniswagen(ファウルニスワーヘン):ゴミ収集車
  • Verzameling(フェルザーメリング):収集
  • Afvalbrengstation:(アフファルブレングスタシオン)ゴミ回収センター
  • Afvalpas(アフファルパス):ゴミ捨てカード
  • Gemeente reiniging:市の清掃課
  • Afvalstoffenheffing:ゴミ処理税